2018年11月30日

地球温暖化の影響でも南極の氷が減少していない





地球温暖化の影響で南極の氷が少なくなっていると言われていたのですが、アメリカのNASAによると実は増えているとのことです。

これまでとは反対に南極の氷が減少していないということは、氷が溶けて海面が上昇していると発表されていたのですが、南極ではない別の場所で要因があるのかもしれません。

ですが、南極で降雪が増え続けることで雪が圧縮されて氷となって増加しているようですが、最近では氷の増加ペースが落ちてきているようです。

この先、南極の氷が本当に減少するようになる可能性も指摘されていますが、本当に増えているのか、今後についても専門家の調査や議論がまたれます。

南極の氷が減少していないということは、地球温暖化の影響を懸念する際、良いニュースと言えるのかもしれませんが、だとしたら速いスピードで上昇する海面の水が何処からやって来るのか興味深いところです。



Posted by swamp0kq at 03:09